上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
British Sea Powerが表紙を飾ってます!!! 
2010年の12分の1を終えようとしていますが、明けましておめでとうございます。
2ヶ月も放置していると、何から書いてよいのやら。苦笑
でもこの記事は書かねばと、重ーい腰(ラップトップ)をあげてみました。

本日CDジャーナルさんより発売されたムック本『ブリティッシュ・オルタナティヴ・ロック特選ガイド』の表紙(+裏表紙、見開いても!)をBritish Sea Powerが飾っております。
100129
ブリティッシュ・オルタナティヴ・ロック特選ガイド (CDジャーナルムック)

そしてそして、Yan兄さんのインタヴューも掲載されているんです。(なんと10ページも!!!)2009年11月に電話取材されたものでホヤホヤです。
これを読むとYan兄には、さらに兄、またさらに兄もいるようですね。←気になったとこそこなんかい!って感じですが、・・・いやいや、革新的な彼らの音楽のバックグラウンドなんかも語られてて興味深く読み応えありな内容です。日本語のインタヴュー記事自体読むのが久々な気も・・・。

余談。
この本発売のニュースを知ったのが今日の夕方、会社を出社するとき。
しかも、めったにニュースなんてチェックしないのに、今日はたまたま検索。
うお、Yan兄のインタビュー掲載!なに、今日発売!と。
そしてさっそく帰りに書店に立ち寄ると、ありました1冊!
1冊だけ残ってたのか1冊しか入荷してなかったのかは不明ですが、
手に取って、まさかまさかの驚愕の事実に、その場でTwitter更新してしまいましたわ。(大袈裟なくせにたいしたことはしてない。)
表紙だなんて!カバーを飾ってるなんて!微塵も思ってませんでしたからね。買い占めたい衝動にかられる・・・。
特選ガイドの表紙アーティストですから超大特選ってことですよね。

そんなわけで、私の“たまたま”、捨てたものではないわと思った1日でした。笑
この引き寄せパワーで?今年こそライブ観たい!←毎年言ってるけど、言い続けるど。

おっと、このムック本の詳細ページはコチラ。お勉強になりそうな一冊です。
スポンサーサイト
香港でのライブ。 
本日もBritish Sea Power。 
こちらは昨日の香港でのライブ映像。

How Will I Ever Find My Way Home?


ボソッと、兄さんの歌ってるとこも観たい。

*****追記*****

兄さんの歌ってるのもちゃんとあったー♪

Waving Flags


Please Stand Up



*****追記(10/13)*****

動画貼り付けBlogと化してますが;;(←明らかに手抜き)

インタビュー。

兄さん餌付けしてます。
台湾でのライブ。 
引き続きBritish Sea Power。
しばらく忘れてたくせに、彼等がアジア圏内に来られてるということで、
急にソワソワしてしまってるダメなファンです。

さて、さっそく昨日の台北公演の映像があがっておりまして、
とっても嬉しいんですが、実際の映像を観ると色んな思いで涙涙。(暑苦しいヒト化)

ハミルトン、色っぽい。ニーハオ言ってる!ホントに台湾のライブなんだ。。


ノーブルはどこ行ってもノーブルなのか。


最後は相当盛り上がって終わったようですね。お客さんも熱い!


悶々。

*****追記(10/12)*****

続々とアップされてます。(-人-)

True Adventures


The Great Skua


Carrion

“Carrion”キターっ!
もうちょい東へも 
bsp in asia

Blogも放置してましたが、シーパワー情報も全くチェックしてなかったわけですが、、、、
久々にオフィシャル覗いてみたら。。。。。
現在、今まさに、彼らはアジアにいるわけで、、、、
北京のフェス(10/4~7)(4日間の開催なんて凄い!いや無謀?British Sea Powerは10/7に出演が予定されてました。)は、開催直前に中国政府が出演が予定されていた全ての国外アーティスト(ちなみに日本からは少年ナイフが出演予定でした。)の出演許可を取り消し(一度は許可したのになぜよ?これって愚問?)、出演キャンセルとなってしまったそうですが、
9日(てか、明日ヤン!)は台北で、翌日10日は香港でライブやっちゃうそうだ。
もう少し早く知ってたら、、、、台北だったら行けたかも!とか思ってしまってる私が悲しい。3連休だし頑張れば全然行けたじゃん!?!?くぅーっ。
どこかに映像とかあがらないかなぁ。
地団駄踏みながらでも、唇噛み締めながらでも(苦笑)、どんな様子なんだか観たい!
・・・何だか全然悔しそうじゃないけど、悔しいわぁ。ああぁあ、私のアホッ!
Youm? 
もざいく?

あれ???
この人達、またバンド名変わったの???
Animal Collective “Summertime Clothes” 
今年の上半期最も聴いたであろうアルバム。
Merriweather Post PavilionMerriweather Post Pavilion
(2009/01/13)
Animal Collective

商品詳細を見る

その中でも一番のヘビーチューン。

このPV、とってもキモ・・。そんなとこ(どんなとこ?)を含め涼しげで、これから夏に向けて良いかと。・・・真夏の夜の悪夢ですか?
この曲、今月末には12インチのアナログ盤でシングル発売されます。

こちらは5月に米CBSのLettermanに出演したときの映像。


この曲はすでに昨年3月の来日公演でも披露してましたが、やはりフジの夜空の下で観たら最高に面白そう。スイッチ入りそうだ。狙いどおりホワイトステージだしね。
そんなわけで、今年のフジ、私の一番の目玉はAnimal Collectiveだったりします。(・・・その前に行けるのか?って話ですが。。行く方向で。今年はいまひとつエンジンがかからないのは何故?)
Nine Black Alpsの最新ライブ映像。 
すでに3rdアルバムのレコーディング作業を終了させ(あとは発売を待つのみ!秋頃?)、5月下旬には久々のTourも行ったNine Black Alps
さっそくライブを観て来たmihoさんが最新のライブ映像をあげてくださいました。感謝(-人-)

っと、これだけではなくて、この曲のほかにも、すでにお馴染みの“buy nothing”を除いた、ライブで披露された3rdアルバム収録の新曲が全て(!!!!!)アップされております!ナムナム(-人-)
見応えありまくり、行ってもないのにライブ観て来た気分になりました。(単純)
バンドに勢いがありますね~。楽しげだね~。そしてサウンドは相変わらず我が道を突っ走ってます。笑
ちなみに上に貼った“bay of angels”は今のところの私のお気に入りの曲。メロディが印象的で耳に残ります。この切ないメロに弱い。

あー、2009年後半も良作に出会えそうですね!楽しみ♪
うっかりしてた。 
PLACEBOの新譜、そろそろ発売だったよねと検索してみたら国内盤はすでに発売中だった。汗
早く買ってこないとだ。

いまさらだけど、サマソニはマリンステージなんですね。そして並びからすると、きっとまだ日の落ちない頃の出演なんですかね。。。ま、行くけど。日焼け対策必須だす。
British Sea Power “Come Wander With Me”  
絶賛発売中のサントラ盤『Man of Aran』収録曲“Come Wander With Me”のvideo。
この曲は、プレスリー主演映画『監獄ロック』の音楽監督等、映画音楽を数多く手掛けたジェフ・アレクサンダーさんの楽曲“Come Wander With Me”のcover。

British Sea Power - Come Wander With Me from Rough Trade on Vimeo.


涙腺をガシッと鷲掴みな曲と映像。
おっ。 
さっき「CSI:NY4」観てたらAthleteの“The Outsiders”が流れた!
・・・それだけなんだけど久々に聴いたらやはり良い曲だったので。

この動画、音と動きが合ってないが・・。
栄養補給。 
早割ハズレタ。。
土日あたりから目はしょぼしょぼ、鼻はむずむず。。・・・今年もきたね。強風で大量の花粉も運ばれてきたのかな。憂鬱です。
そして今日は仕事がバタバタしててとっても疲れた。。うっかり帰りは家と反対方向の電車に乗ってしまうし。。
・・・こんなときは(?)シーパワーで。
来い来い来い~
ベージュがよくお似合いで。

オフィシャルのForumで知った(・・英語ほとんど読解できないのであまり訪れませんが。汗)、Fabchannelの2004年11月のオランダのライブ映像。すっごい前からあったんだろうけど初めて観ました!フルライブ観れちゃいます。3年半前のお姿ですが、風貌は変わってないといえば変わってないです。ライブパフォーマンスは?・・てか、これ観たらさらにライブが観たくなるでないかい。あー。
*Fabchannel.com British Sea Power*

次のシングルは3月10日発売『No Lucifer』。1000枚限定の10 inch アナログ盤です。
nolucifer10
*No Lucifer [10 inch Analog]*
*track list*
Side A
1. No Lucifer (The Efrim Menuck Mix)
2. Save The Purple House
Side B
1. Total Confusion
2. Charlie Potatoes

↑の”No Lucifer”の発売を祝して(?)、3rd収録曲”Open The Door”のアコースティックバージョン、名付けて”Close The Door”、フリーダウンロード中。
*Free new BSP track.*
この力の抜けた歌声、疲れた身体には特に浸透性高い。ひたひたよ。
3曲もやったのけ? 
先日ゲスト出演したテレビ番組『Later』の映像が早速YouTubeにあがってた♪・・・あ、シーパワーです。
素敵な時代ですね、ありがたい。しかも3曲もー!!!
やはり”No Lucifer”は必見ですかね。・・・何じゃあれ、プロレスしてる人がいますけど。苦笑

♪Waving Flags♪

♪Canvey Island♪

♪No Lucifer♪

*Interview*

Laterのオフィシャルサイトにはモリ氏ら他の出演者とご一緒してるお写真も掲載されております。パチリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。