上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
The Kooks@Harajyuku Astro Hall 

kooks

 The KooksのLiveに行ってきました。Britesh Sea Powerと同じくイギリスはブライトン出身の若手Band(平均年齢20才とか!?)です。次から次へと新人さんが出てくるものですね。・・・いちいち行くほうもなんなんですが。

今日は日本でのお披露目Liveといったところでしょうか。観る側からすればお試しLive。

日本盤のAlbamも1月に発売されて、CS放送などでは頻繁にCMを見かけました。レコ社の今年の一押し新人といったところなのでしょうね。そのおかげか、本日も大入り大盛況のSold Out。混み込みです。そして昨日のDinosaur Jr.とは明らかに違う客層です。笑 私はStart予定時刻の10分前位に到着したのですが、会場の入り口付近まで人が一杯でした。凄いね。

15分押しでのStart。Dramのコが少し色が違う感じだったけど、皆今どきな若者のオシャレっていうより、こだわりをもったオシャレさん。小綺麗です。笑

Vocalのチリチリ(実際はそうでもなかった)頭はHot Hot Heatと被るのですが、、歌いだすと酒やけしたブルースシンガーのオッサンみたいな声。搾り出すような声っていうのかな?・・・あとから聞いたのですが、前で見てた友達によると曲間に喉シュッシュをしていたそうなので調子悪かったのかな。

でも、テンポの良いメリハリのあるリズムに乗って歌い上げちゃってました。客を煽る動きは若さ溢れんばかり。右へ左へ前のめりになってます。この人、自分に自信あるんだろうな。

私の第一印象では若年寄のCoralっぽいBandなのかなっと思っていたのですが、実際にLiveを見ると大分違いました。弾力があってピチピチしてました。笑 きっと溢れ出してくるものが沢山ある年頃なんだろうね。・・・なんつー感想だ。

スポンサーサイト
Dinosaur Jr@Shibuya AX  

dinosaurjr今日はDinosaur JrのLiveを観るためにShibuya AXへ。

始めに謝っておきます。ゴメンナサイ。私、彼らのことあまりよく知らないし(汗)、すんごい聴きこんで待ちに待った夢の来日!って訳でもないし(大汗)、Fujiでも違うBandを見てた位ですから(滝汗)

私の中では伝説の轟音Bandを体感してみたい!という感じです。

ホントに好きな人にとってはフザケンナ!ってとこですよね。汗

実はチケットも直前に「そろそろ取らないとやばいな~」と思って調べたときは時すでに遅し。Sold Out。当然ですよね。日程的に日曜の公演しか行けなかったので、今回は見送りかなと諦めていたのですが、タイミング良くお友達から余ってますとの連絡が!お陰で無事行くことができました。(感謝)

前置きが長くなりましたね。本日の感想です。
曲間にベース音が鳴って、次の音が入ってくるまでの静粛というか緊張感が、何ていうのかな皆息を飲んで待っているという感じで、そういう空気つくれちゃうBandって凄いなと思った。
私の超偏見なのですが、基本的にギターソロが長いBandって嫌いなんです。Dinosaurはソロどころじゃないですよね。終始あんな状態。これには良いイミで参りました。笑

でも音の大洪水にうまく泳がされてきましたよ。…途中、息継ぎ出来なくて溺れそうになりましたがwお腹にボワッと突風音が正面からぶつかってきたけど、この感覚も久々で気持ち良かったです。まさに体感ライブです。
そして何といってもアンコールからが凄かった!別のBandのライブになってしまったかのような盛り上がりでした。お客さんも皆Kidsになってたよ。笑
しかも日本ツアー初日にもかかわらずアンコール3回も登場してくれました。

彼らもやる気満々ですよね。

Song To Say Goodbye  

スカパー!のスペシャチャンネルを流しっぱなしにしてたら、聞き覚えのある歌声が。

Placeboの「Song To Say Goodbye」のMusic Video でした。そういえば来月新譜が発売になるんだよね。

ところでこのVideo、メンバーは一切出演していないようなのですが(途中から見たので)、またしてもストーリー性のある良く出来た内容。(←私が言うのも偉そうで何ですが。汗)ちょっとしたシニカルな映画みたいです。結末がウワッて感じだし。

そういえば、私がこのBandを好きになったきっかけもMusic Videoでした。 

音楽が良いからVideoも素晴らしいのか、はたまたVideo監督が良いのか、映像と音楽の相乗効果をうまく使ってるBandですよね。このVideoを観て、新譜が俄然楽しみになりました。期待できそう♪

そしてそして、今年こそは来日ありかな?(←結局それ)

前回の単独来日の東京公演はボロボロで不完全な感じだったしね。・・・でも生のあのジンワリとした声は凄かったな。

British Sea Power「The Decline Of British Sea Power」 

私の大好きなBandのひとつ、イギリスはブライトン出身のBritish Sea Power

thedeclineof  「The Decline Of British Sea Power」

これ1st  Albam。このAlbam、発売当時なんとなく購入したのですがあまり聴きこむことなくそのまま放置。←ヲイ

その後、FRF’04の奇想天外なパフォーマンスを見てから改めて聴き始めたのですが、ズッポリです。

この曲好き!と思うとその次の曲も次の次の曲もそのまた次も素晴らしい!名曲ぞろいのAlbamなのです。

そのサウンドはひとつの枠にとらわれることなく、ときには狂気的であり、ときには儚げでもある。そして何といっても私を虜?にしたのはメインVocalの優しげな擦れた歌声。この声をライブで聴いたら私砕けますな。笑

今年こそ来日切望!

・・・このAlbamの感想を書こうと思ってたのに全然感想になってませんね。汗

とにかく彼らのライブが観たいのです!

Start! 
はじめまして。

お気楽気ままをモットーに、好きな音楽のことでも書いていけたら良いなと思っております。

さて、いつまで続くかな?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。