上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
The Cribs@Akasaka BLITZ (10/21) 
091021
ブリッツ外壁ガラスの今月のラインナップアーティストにCribsの写真も。右隣はあみんの人だった。。

TheCribsの東京公演。
今回の会場は赤坂ブリッツ。
クアトロ→リキッド→ブリッツと、来日ごとに大きな会場になっていきますね。
昨年、建て替えられてニューオープンした赤坂ブリッツは、以前に比べてキャパは少なくなったとはいえ、約1500人収容のハコ。しかもそこそこお客さんも入ってた。
強力な大御所新メンバー加入の影響も大きいとは思うけど、凄いよ。
06年以降は、フジロック出演を含め毎年来日してくれてるし、偉いよ。
ファンにとっては理想的なバンドだよね。

この日は19時頃会場へ到着。合流した友達と武道館でのCribsのこととかをあーだこーだ話してたら、前座のバンドが終了。あら。
武道館、アリーナでも音割れ酷かったらしい。(注:音の良いバンドもいるから決して武道館のせいだけではないんだと思う。。)
ってことで、19時半頃に中へ入る。
フロア後ろの中央あたりで待機です。
Cribsが登場したのは20時少し前。
クラシカルなSEの中メンバー登場です。(あの曲何だっけな。)
男性からのジョニー・マーの声援が多くて、さすがマー先生だなと。
あのザ・スミスのジョニー・マーがCribsにメンバーとして加入、Cribsファンもビックリだったけど、もっと大きな括りで大事件だったんだなと改めて感じましたね。
でも、実際にステージに立ってる姿は動きも軽快で自然で、意外なほど馴染んでました。
サポートメンバーとかスペシャルゲストって感じじゃなく、ちゃんとメンバーっぽかった。
“Hey Scenesters!”で双子と一緒にコーラスしてるのに気付いたときは、ジョニー・マーがクリブスの曲歌ってるよー!!と感動してしまった。メンバーなのに。
そんなブリリアントなギタリスト加入のおかげで、ライブ中のお仕事減ったのか、
ライアン後ろ向いてたときはギター弾いてないで休憩してたよね?
そういえばライブ後、
ライアン、ギターが楽になったわりにはあんま歌ってないよね?
ゲイリー、あんなおぼつかないライアンにキレたりしないのかな?
という話題になったんだけど、・・・まぁ、ライアンはCribsのマスコット的存在だからいいのか!という、良いんだ悪いんだか判らんけど、妙に納得な結論に。笑
存在自体が面白いライアンである。

“Be Safe”では、後ろの大きなスクリーンに リー(Sonic Youth)の顔がどどんと出てきて語りだした。
そこに生のCribsサウンドが重なって曲がスタート。この曲はこんなふうにライブで再現するんだなと。ジョニー・マーにリーに、ジャーマン三兄弟と豪華な共演。新譜の曲じゃないし、披露してくれるとは思わなかった。
それと、あんな大きなスクリーンがあるんだったら他の曲のときもメンバー映したりして活用すれば良いのにと思ったり。
余談だけど、何年か前のMewのライブのときにダイナソーのJがスクリーンでこんなふうに共演してたよね。そんなことを思い出した。

そうそうゲイリーの声が出てた。
去年のフジのときとか“Men's Needs”のサビ、かなりきつそうだったけど(歌ってネー!声出てネー!だった。)、手術して良くなったのか、この日は全然声出てた。良かった良かった。
ライアンのへロッとした歌い方と違って、ゲイリーは叫びの熱唱型だから喉を酷使するんだろう。
でも、この二人のタイプの違う歌声の掛け合いはホント絶妙で、これが大好きなんです。

この日の面白MC。

ムカシカラノクリブスファンワイルクー。

笑。
1stの曲をやってくれるのかと思いきや、2ndに収録されている“We Can No Longer Cheat You”。で、次が1stの“Direction”。盛り上がりますな。
あと1stからは“What About Me?”と“Another Number”と、結構沢山やってくれました。
1stって当時も思ったけど、今聴くとさらに笑っちゃうくらいスッカッスカじゃないですか?(これ長所。)
でもそんな曲をライブで聴くと、凄い成長してるなと感じます。まだまだ全然スッカスカだけど。笑

アンコールはなしで全20曲。最後の“City Of Bugs”が終わると、あっ気なく照明がついたから、始めからやらないことになってたのかな。

*setlist*
1 We Were Aborted
2 Hey Scenesters!
3 I'm A Realist
4 Emasculate Me
5 Girls Like Mystery
6 Last Year's Snow
7 Cheat On Me
8 We Share The Same Skies
9 We Can No Longer Cheat You
10 Direction
11 Hari Kari
12 Save Your Secrets
13 Our Bovine Public
14 What About Me?
15 Another Number
16 Ignore The Ignorant
17 Be Safe
18 Mirror Kissers
19 Men's Needs
20 City Of Bugs
 

秘密にする

 
トラックバックURL
http://oseason.blog50.fc2.com/tb.php/496-e3934b60

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。