上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
The Cribs@Nagoya CLUB QUATTRO(10/22) 
091022
兄ちゃん下向いちゃった。このライアンとってもカッコ良さげ。

名古屋行ってきました。
整理番号もなかなか良かったので開場時間に入って、2列目のライアンとゲイリーの間くらいで観ることに。といっても横幅の狭い名古屋クアトロ、マー先生もロスも、メンバー全員が近くてよく見えた。…こんな危険地帯で大丈夫か自分?とも思いましたが、前半押されたくらいであまりキツクはなかった。今回も縦跳びの良いお客さん。
武道館は遙か彼方だったし、ブリッツも後方で客観的に観てしまった感があったから、がんばってみました。結果、やはり近くで観たらアホみたいに楽しかった。満足。

ライアンは背中にスタッズが沢山ついたライダース(これ真新しくてキレイだし、高そうだし、1曲目?終わるとすぐに脱いでたけど、ライアンの?←ヒドイ言い様)着て出てきて、下に着てたTシャツの胸元ははだけてた。これライアン流オサレの外せないとこなのかな。
ゲイリーは、Sonic YouthのWashing Machine T (洗濯機チーシャツ)。私も同じの持ってるので嬉しいなと。
今回のツアーの1曲目として定番化してた“We Were Aborted”で、ジョニー・マーのざらついたギター音と双子のシャウトを聴くと、新生Cribsを感じますね。
“Direction”ではロスが立ち上がって叩くのも確認できました。お腹ががかなりメタボッてたのまで見えてしまった。丸くなったな~。一番若いのにね。マー先生を見習わないとだよ。

前に居たので、お客さんどれくらい入ってたのかわからなかったけど、少ないってほどではなかったと思う。“Another Number” の始まりの、パッパッパラパララ~♪、ビックリするくらいの歌声が聞こえてきたから。メンバーもウヌッ!?って顔してご満悦そうに曲始まった。

ジョニー・マーとライアンが背中を合わせてでギター弾いたり(この場面はオオッー!と声をあげてしまった。あと、このときばかりはライアン邪魔!ジョニー・マーが見えないよと思ってしまった。。)、双子が向かいあって弾いてたり、バンドっぽいわーと思う場面、こちらもニヤッとしてしまう場面が結構ありました。自然な感じがカッコ良かった。

“Save Your Secrets ”で、ライアンとゲイリーが楽器と立ち居置チェンジ。
このときのライアン、プロらしからぬ不安そうな表情で(学祭の高校生バンドのほうがもっと自信ありげに弾くでしょ。)真剣に弾いてて、しかもヒッソリしてて、そんなん見てるのも面白かったな。←ライブの楽しみ方間違ってる。

この日は最後の曲前のMCで、

ボクタチワクリブスデース。(←コレ、この日2回目か3回目)
アンコールワ、ヤラ、ナイ、ヨー。

笑。
昨日のライブ、アンコールは普通にやってくれるもんだと思ってたし、お客さん長い間拍手して待ってたから、親切に先にお知らせしてくれたようです。
今回のライブは“City Of Bugs”で締めることに最初から決まってたんだね。

そうそう今回のライブで今更ながら気付いたこと。ゲイリーはとてもカッコ良いんだなと。(遅)
いつも、何かやらかしてくれるだろうライアン側で観てて、ライアンばかりに視線が行っていたので(ツッコミいれたくなるとこだらけなんだもん。)気付かなかったよ。
ゲイリーカッコいい!と聞いても「フーン、そうなんだ。」って感じだったのだけど、
何の曲のときだったか忘れたけど、マイクスタンドがゲイリーに倒れ掛かってきて、それを手の甲で支えつつ、ベースを必死に弾いてる兄ちゃん、カッコ良いな~と。スタッフさん、なかなか気付いてくれてなくて見ててハラハラした。
ロスも激しくシンバル倒してたな。
ライアンのマイク(低過ぎじゃね?)、ちゃんと固定されてなかったみたいで、不安定にグルグル回っちゃって、そのマイクの位置に合わせて体勢変えてつんのめって歌ってた。
そんな勢い余ってるライブでした。
ジョニー・マーが腰をひいた姿勢でギター弾いてるお姿はさすがな貫禄があって(とっても若々しいんだけど)、全体のステージ画面が引き締まった感じになりますな。

最後、双子はギター&ベースをアンプにこすりつけてグワングワン。
ゲイリー、2年前の名古屋のときは一言も発してなかった気がするけど、この日は双子が目を合わせて、手応え感じてるような顔したのがわかった。表情までわかる距離でライブを観れるのはいいね。マー先生、ライアン、ゲイリーそれぞれアリガト言って帰ってた。あ、ロスも。

この日のセットリストは前日の東京公演に比べ、“Be Safe”が“I've Tried Everything”に替わっただけで、あとは曲順も同じだったと思う 。

楽しかったな~。

*setlist*
1 We Were Aborted
2 Hey Scenesters!
3 I'm A Realist
4 Emasculate Me
5 Girls Like Mystery
6 Last Year's Snow
7 Cheat On Me
8 We Share The Same Skies
9 We Can No Longer Cheat You
10 Direction
11 Hari Kari
12 Save Your Secrets
13 Our Bovine Public
14 What About Me?
15 Another Number
16 Ignore The Ignorant
17 I've Tried Everything
18 Mirror Kissers
19 Men's Needs
20 City Of Bugs

*Smashing Magの名古屋フォトレポ*
 
yuka #wcpEzxw.
 
そんなに近くで見たんですね~羨ましいです。
Cribsも休日公演があればなぁ・・・(遠い目)

そうですGaryはカッコ良いんですよ!!
Ryanはなんか太りましたよね。
インタビューで昔は似てたって読んだけど。
yumi** #oUPgpoCM
 
>yukaちゃん
ミラクルな番号でも平日では関係ないもんね。。
また一緒に前で見たいね~。
ホント、今更ながらゲイリーカッコ良さに気付いた!司令塔っぽいというか、ライアンが好きなようにやってられるのも、兄ちゃんあってこそだなと改めて感じました。

秘密にする

 
トラックバックURL
http://oseason.blog50.fc2.com/tb.php/497-e0653c21

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。